学歴などは特に重要ではなく、一番大切なのはやる気があるかどうか。やる気がある人にとっては、チャンスを多く与えてもらえる職場です。きっと、自分が本来持っているパフォーマンスを発揮して成長できるでしょう。

生田 佳宏

Yoshihiro Ikuta
副代表

Profile

税理士法人テラス 生田 佳宏
会社経営にも携われる仕事をしたいという思いから税理士事務所を複数勤務。前職の大手税理士法人では医療部に配属される。笠浪代表とは前職の同期で、一緒に経営に携わり会社を育てていきたいと考えて2013年に税理士法人テラスに入社。テラスの入社第1号。
税理士業務のみならず、現在は人事採用担当、及び労務・法務を含めた社内の管理業務をこなす副代表として当社を全面的にサポートしている。
「何でも相談できて、親身に対応してくれる。」とクライアントからの信頼感も強い。
現在の当社での目標は、「社員全員が長く働きたいと思えて、やる気を継続できる雰囲気の良い会社」にすること。年々規模を拡大させていく当社の業務を円滑に進め、雰囲気の良い会社作りができるように日々努めている。

他の社員と同様の税理士業務も行っていますが、現在は副代表という立場で管理業務をメインに行っています。
具体的に言うと2つあり、1つ目は人事採用担当。書類選考や面接、そして採用後は所属社労士にも加わってもらい、労働条件の通知などの説明を行います。スタッフ面談も笠浪代表と一緒に行い、スタッフ一人ひとりが仕事をしやすく、モチベーションを維持できるように努めています。

もう1つは税理士業務に限らず、労務や法務に関わること全般の調整役です。当社の魅力は税務・労務・法務をすべてワンストップで行うこと。実際にこれらは業務のなかで密接に関係してきます。税務以外のミーティングに参加するのはもちろん、各所の課題を吸い上げて、円滑に業務を進めて生産性を高められるように調整しています。


実は笠浪代表は前職の同期なんですよ。代表は私より早く退職してすでに独立していました。そろそろ自分も転職しようと考えていた頃、代表から声がかかったんです。
その頃、漠然ではありますが、税理士の仕事をしながら税理士事務所の経営にも携わりたいと思い始めたのです。

当時はまだ法人設立したばかりの頃だったので、実際に事務所経営に関われると考えました。そして笠浪代表とじっくりお話させていただき、一緒に会社を育てていこうと思い、入社することにしました。

入社時は6坪の事務所に机が4つ。初年度の確定申告は、笠浪代表と2人で徹夜をしながら、なんとか期限に間に合わせたものです。

当時から考えれば、スタッフは30名を超え、当社も規模は大きくなりつつありますが、大手の税理士法人に比べればまだ小規模です。
それだけに笠浪代表とは距離が近いので意見が出しやすく、また自分で考えて動くことができることが可能な職場です。笠浪代表はしっかりと話を聞いてくれるし、やりがいのある楽しい職場だと思っています。
設立からまだ数年で、まだまだ拡大の余地があるからこそ、仕事の楽しさを実感できます。


単なる税務だけでなく、責任を持った担当者としてクライアントに様々な提案をし、喜んでもらえて嬉しかったことが増えたと思います。もちろん勉強することも多いですが、成長させてもらえる機会は多いですね。
もともと自分はクライアントの経営に携われる仕事をしたいと思っていたのですが、当社ではそれが可能なので、本当に楽しく仕事ができています。

また税理士事務所の経営にも携わりたいと思って入社したのですが、現在副代表として実際にやりたい仕事をしている実感があります。本当にありがたいと思っています。

何度か笠浪代表と一緒に税務調査に同行したことがあるのですが、そのパフォーマンスの高さに驚かされました。もともと頭の回転が早く、先を見据えて考え、しかも判断が早い方。しかし現場に同行するとさらに普段とはまた違う一面を見せてくれます。機転が早く、「よく思いつくな」と思わせるような提案をどんどんされます。
年々当社は規模を拡大し、クライアント数もスタッフ数も増えていますが、代表の力の大きさを感じています。


当社は女性も多いので、人間関係が良好で働きやすい、アットホームな雰囲気が必要と考えています。
特に重要視しているのは、入社したばかりの方が早く当社に馴染んて、本来のパフォーマンスを発揮してもらうこと。そのためには歓迎ムードを作り、他のスタッフが積極的にコミュニケーションを取れる機会を作る必要があると考えています。
例えばスタッフが入社したばかりの人と一緒にランチをするなど、極力スタッフ全員が少しでも一緒に話す機会を与えるようにしています。

学歴などは特に重要ではなく、一番大切なのはやる気があるかどうかです。具体的には将来のことを考えて行動していて、ガッツがある方。内に秘めていて、なかなか表に見えない方もいますが、そのような方も一度お会いしてお話すればわかります。

当社はやる気がある人にとっては、チャンスを多く与えてもらえる職場です。きっと、自分が本来持っているパフォーマンスを発揮して成長できるでしょう。

副代表として人材や業務を管理する立場として、会社をより良くしていきたいと思っています。クライアントに対して良いサービスを提供するのはもちろんですが、私が目指すのはスタッフが長く働きたいと思える会社作り。

仕事には厳しさを求めることはあっても、その反面やりがいがあって楽しい、居心地が良い、そういう会社を常に目指していきたい。
当社は年々規模を拡大していますが、だからこそスタッフ一人ひとりがパフォーマンスを存分に発揮できる職場環境にしていきたいと思います。

虚心坦懐という「あらゆることについて先入観を持たずに取り入れ、心穏やかに物事を受け入れていく」ことを意味する言葉です。
この言葉を意識し始めてから、心ざわつくことがあっても、視野を広げて物事を受け入れていこうと思えます。だからずっとザワザワしたり、イライラするようなこともなくなってきますね。

小学校の頃からサッカーをやっていたので、今でも休日の日はサッカーやフットサルをやっています。昔よりは頻度は減ってきましたけど、たまに体を動かしたくなります。
スポーツに関して言えば、スポーツ観戦も好きですね。スポーツはサッカーだけでなく全般的に好きで、テレビ観戦だけでなく、たまに会場に行ったりもします。

どちらかというと家にいるよりは外に出る方が好きで、旅行にも行きますね。とはいっても大規模で何泊もするわけではなく、土日を使って1泊2日などの小旅行が多いです。

PAGE TOP