小さなことでも1歩ずつ着実に積み重ねていくのが大切。弊社HPのインタビューで労務チームに関する喜びの声を見つけると、陰ながら力になれたと思えて嬉しいです。

亀井 隆弘

Takahiro Kamei
執行役員
社会保険労務士法人テラス 東京所長

Profile

税理士法人テラス 亀井 隆弘
広島大学法学部卒業。大手旅行代理店で16年勤務した後、社労士事務所に勤務しながら2013年紛争解決手続代理業務が可能な特定社会保険労務士となる。
笠浪代表と出会い、医療業界の今後の将来性を感じて入社。2017年より参画。関連会社である社会保険労務士法人テラス東京所長を務める。
以後、医科歯科クリニックに特化してスタッフ採用、就業規則の作成、労使間の問題対応、雇用関係の助成金申請などに従事。直接クリニックに訪問し、多くの院長が悩む労務問題の解決に努め、スタッフの満足度の向上を図っている。
「スタッフとのトラブル解決にはなくてはならない存在」として、クライアントから絶大な信頼を得る。
今後は働き方改革も踏まえ、クリニックが理想の医療を実現するために、より働きやすい職場となる仕組みを作っていくことを使命としている。

労務チームの主な仕事は、主に次のようなものです。

・給与計算
・雇用契約書や労働条件通知書の作成
・各種社会保険の手続き
・スタッフ採用の相談や面接の立会い
・労使間トラブルや退職に関する労務相談
・就業規則の作成
・助成金対応

この中でも最近私が担当することが多いのは、就業規則の作成や助成金対応、そしてスタッフさんに関するご相談ですね。
社会保険の手続きや給与計算をこなすだけでは、クリニックの先生方に付加価値を提供することはできません。労務問題で多くの先生が悩んでいるのがスタッフ採用、採用後の定着率、トラブル対応です。

また、就業規則の作成や雇用関係の助成金対応も社労士でなければできない仕事です。給与計算や手続きの仕事も重要ですが、それだけでなく医療コンサルティングサービスとしての付加価値を今後も高めていきたいと思っています。


スタッフさんとの人間関係やトラブル、退職については日常的に発生する多くの先生の悩みです。特に最近は「義務を果たす前に権利を主張するスタッフが増えている」というお悩みを多く聞きます。

例えば最近では「開業1ヶ月でスタッフから今の給料を上げてほしいと言われた」ということもありました。
また、プライドが高くて医院・クリニックの方針に従えず、勝手な行動を取るスタッフさんがいるという悩みは昔から多いです。
もちろん、このような人が院内に残っても良い影響はないので、離職率の低減だけでなく、「辞めてほしいスタッフがいる」という相談も少なくありません。

このようなスタッフ問題の発端は、先生とスタッフの間でうまくコミュニケーションが取れていないというケースが大変多いです。
「先生はこう思っていたけど、スタッフはこう思っていた」のような不一致が積み重なり、離職が相次いだり、トラブルが発生します。

しかし、だからといって先生とスタッフさんが面と向かって話すと言っても、直接は話しづらいことも多いでしょう。
その場合は、私たちが中立的な立場で間に入って先生やスタッフさんと面談し、問題解決のサポートをします。


ある方から「社労士を探している」と笠浪代表を紹介してもらったんです。医療機関は今後も発展していく分野であること、また笠浪代表のビジョンに共感したのもあり入社することにしました。

労務の仕事は院長先生だけでなく、スタッフさんの満足度を高めることだと思っています。

私たちは、先生とスタッフさんに対しては中立的な立場でないといけません。その立場を崩さないように、双方の面談を通して要望をヒアリングし、結果先生にもスタッフさんにも喜んでいただくことを心がけています。
実際に、院長先生とスタッフさん両方の満足度を高められたときに「ありがとうございます」と言われるのは嬉しいことです。

また、当社のHPにクライアントである先生方のインタビューが掲載されています。インタビューで労務チームに関する喜びの声を見つけると、陰ながら力になれたと思えて嬉しいです。


労務問題は◯か☓か答えがなく、電話やメールのやり取りだけでは難しいことが少なくありません。そういう理由で、比較的直接クリニックに訪問させていただく機会が多いです。先生とスタッフさん双方のお話を聞くことで、お互いが望む方向に近づくので、実際にお会いするのは重要だと思います。

労務問題の対応は、直接クリニックに訪問する機会が多いです。そして、医療現場の人間関係などリアルな部分を見たり、話を聞いたりすることになるでしょう。

院長先生だけでなくスタッフさんと面談する機会もあるので、コミュニケーション能力があって話を聞くことがストレスにならない人が向いていると思います。
一方、給与計算業務は、コツコツと正確に作業することが苦にならない方が向いています。

付加価値に値するサービス以外にも、当然給与計算や社会保険の手続きは社労士業務では欠かせません。私たちと先生との信頼関係だけでなく、先生とスタッフとの信頼関係にも関わるので、引き続き確実かつ迅速な対応は必須です。

そのうえで、上記のようなスタッフ問題の対応や助成金対応のような医療コンサルティングの価値をますます高めていきたいです。
最近は人事評価制度に関する要望も高くなっていますが、このような新しい取り組みに対応できる体制を整えるのが当面の目標です。

「千里の道も一歩から」
一気に大きな物を追い求めるのではなく、小さなことでも1歩ずつ着実に積み重ねていくのが大切だと思います。

仕事ではあちこち動き回っているので、土日はゆっくり休みたいと思うことが多くなりました。好きな食べ物はスイーツやラーメンで、どこか美味しいところがないか、探したりしています。

PAGE TOP