早いスピードで成長していきたい人はぜひ。仕事は実際に経験してみないと、覚えないし理解できません。教えられるのを待つのではなく、積極的に学ぶ姿勢のある人、自主的に行動しようとする人は、早い段階でいろんな仕事に挑戦させてもらえるかと思います。

佐藤 隆行

Takahiro Sato
医院開業支援コンサルティング
マネージャー

Profile

税理士法人テラス 佐藤 隆行
手に職をつけようと思い簿記の資格を取得し、2015年に税理士法人テラスに入社。
入社以来税務会計業務、医療法人設立コンサルティング業務を一貫して担っている。1年近くかかり、かつ手続きが複雑な医療法人化をスムーズに支援することから院長から信頼が厚い。医療法人設立後に「医療業界に詳しいテラスさんに」と引き続き税務担当を任されることも多い。
仕事で心がけていることは、各々の院長のライフステージに合わせ、求められることに着実に応えていくこと。

主な業務は、まず1つ目は皆さんと同じくクライアントのクリニックを訪問して会計の報告や申告書の作成。
もう1つは医療法人設立のコンサルティング業務を行っています。保健所や厚生局などに提出する書類を作成するなどの行政手続きを担当しています。これらの仕事を入社してから一貫して行っています。
医療法人化は1年近くかかりますし、行政の手続きが複雑で大変ですが、次のステージに向かう院長先生との信頼関係を構築できる仕事です。
実際に医療法人設立後に「医療業界に詳しいテラスさんに」と引き続き税務担当を任されることも多く、責任とやりがいを感じます。

税理士事務所で働くのは当社が初めてです。これまでは特にやりたい仕事もなくてアルバイトで職を転々としていました。この先どう生計を立てていこうと考えていた時に、手に職を持とうと思い、知人に勧められて簿記の資格を取得しました。この時に簿記は面白い、会計の仕事をしてみたいと感じたのが会計業界で働くきっかけですね。
そこで偶然求人サイトで当社を見つけて、面接の時に笠浪代表から「来週から来れる?」と言ってもらい入社しました。


簿記を取得して、会計の仕事に興味があって入社したので、当然入社後は会計の仕事だけやるものだと思っていました。
しかし、入社してみたら最初に担当したのは医療法人の設立でした。医療法人の設立は数字だけ見ているわけではなく、複雑な手続きをスムーズに進めないといけません。
また、「個人開業のクリニックから医療法人になると、どう変わる?」というコンサル色の強いアドバイスも多くて最初はびっくりしました。

入社当時から医療法人設立を担当してきたこともあって、今では私の担当の8割が医療法人です。医療法人というと、クリニックの利益も増えてきて次のステップに進もうという段階。
そういった将来の展望がある院長先生と接しながら、医療法人化のサポートをするのは大変だけどやりがいがあります。
様々なコンサル的なアドバイスも含めてサポートして「ありがとうございます」と感謝されるのは嬉しいですね。


当社は「背中を見て覚えろ」と言わんばかりに何も教えてくれないということはありません。基本的に丁寧に教えてくれる方ばかりです。しかも税理士や社労士、行政書士など有資格者の方から直接教えていただけるのは本当にありがたいですね。
風通しが良くて質問や相談もしやすいので、働きやすい環境にあると思います。仕事内容も豊富で、新しいことにも挑戦できるので早い段階で成長できると思います。

早いスピードで成長していきたい人にはぜひ入社してほしいと思います。
税理士事務所で入社1年目から申告書を作らせてもらえるところは多くないと思いますが、私は仕事させてもらいました。仕事は実際に経験してみないと、覚えないし理解できません。このように、早い段階でいろんな仕事に挑戦させてもらえるかと思います。
教えられるのを待つのではなく、積極的に学ぶ姿勢のある人、自主的に行動しようとする人は成長機会が多いと思います。


院長先生が求めていることにしっかりと、着実に応えていくことですね。医療法人の設立は1年近くかかるので、丁寧にサポートすれば設立された頃は先生と信頼関係が構築されます。
実際に、その後税務顧問を当社に切り替えていただいたり、別のクリニックを紹介してくれるようなことがあります。そのような場面では「信頼されているな」と励みになり、ますます頑張ろうと思えますね。

四字熟語や格言ではないですが、「なんとかなる」ですかね。日々仕事をしてれば「失敗したな」とか「仕事があまり進まなくなったな」ということもあると思います。
そこで落ち込んでしまうのではなく、何とかして改善しようと、ネガティブな思考に陥らないように心がけています。


近々第一子が生まれるので、最近は出産準備としてベビー用品やマタニティ用品を調べたりしています。妻が里帰り出産で実家に帰っているのですが、電話でいろいろ話をしています。

PAGE TOP