連載コラム 第6回 イソノ医院の承継記

第6回 マスオが突然やってきた

 

前回のあらすじ

ナミヘイよりイソノ医院を事業承継したカツオ院長は、サザエ事務長のサポートもあり、スタッフが定着しないという問題点を克服した。医師のスキルだけでなく、経営者としても着実に経験を積み、成長してきているカツオ院長。このまま順調にクリニック経営は進むかと思われたのだが……。

 

カツオ姉さん、今月はまた患者さんが増えたね。僕は経営センスがあるのかな?僕の給料をもっと増やしてもいいんじゃないかな?
サザエバカ言ってんじゃないわよ! 駅前の堀川医院の院長先生がご病気されて、この機会に後継ぎがいないからって閉院されたでしょ。ちょうど2か月ほど前よ。そこの患者さんが流れてきているだけで、そのうち駅前に新しく医院でも開業したら、また患者さんが減っちゃうわよ。

つづきはこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVES

税理士法人テラスとは?

代表・笠浪真が語る税理士法人テラスの強み

税理士法人テラス主催セミナーの模様

PAGE TOP