連載コラム 第5回 イソノ医院の承継記

第5回 カツオは院長、サザエは事務長

 

前回のあらすじ

ナミヘイの遺産分割協議を行った結果、フネ、サザエ、カツオ、ワカメに預金・不動産・株式などの財産が分割で相続されることとなった。そしてイソノ医院は、ナミヘイからカツオへと事業承継されていくのであった。

ナミヘイが亡くなり、イソノ医院の新たな院長となったカツオ。
これによりイソノ家は、ナミヘイの相続手続きに加えて、イソノ医院の事業承継手続きも同時に行うこととなった。

 

カツオ姉さん、僕はイソノ医院の院長を引き継ぐことだけで精一杯だよ。先週、パートのカオリさんと早川さんが辞めたいって言ってきたから、新規採用のことも考えなければならないしね。母さんに無理をかけるわけにはいかないからさ。姉さん、助けてよ。
サザエもう、カツオったら。だからもっと早くに相談しなさいって言ったのに。困ったわね……。今は父さんが亡くなって、母さんの精神的負担も大きいから、私にできることがあれば喜んで手伝うわ。

つづきはこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士法人テラスとは?

独立・開業から医療法人化、事業承継まで、医師のライフステージをトータルで支援する銀座の税理士法人、税理士法人テラスです。

「医師から常にファーストコールされる存在」を目標に、WEB上でも様々なノウハウをご提供しています。

豊富な経験を持つ当税理士法人のスタッフが配信する、良く寄せられるご相談とその回答を集めた先生のお悩みやセミナーなどお役立ち情報を集めた新着トピックを、ぜひご覧ください。


代表・笠浪真が語る税理士法人テラスの強み
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )


税理士法人テラス主催セミナーの模様
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )

PAGE TOP