建築・内装業者の選定

ライフステージ:開業0年目〜

フェーズ:医院開業フェーズ

執筆者:笠浪 真 
税理士・行政書士・MBA 慶應義塾大学大学院医療マネジメント専攻にて医療経営・医療政策を学ぶ。2016年3月修士号取得。税理士法人テラス代表。京都府出身。2011年4月開業。
税理士としての業務および事務所経営全般を担い、取得後は多くの経営者の参謀になることを目指す。
印象に残っている仕事は、病院・院長の相続税の税務調査をうまく乗り越え、お客様から評価を頂いたこと。

 

Q:建築・内装業者はどのようなところを選ぶと良いですか?

 

まず、一番大切なことは、医院開業の経験実績が豊富なところを選ぶことです。

医院の建築・内装に関する法律は、建築基準法・医療法・消防法・各自治体の建築関係の条例など多岐に渡ります。
医院開業の経験の少ない業者では、これらを理解していない場合もあり、せっかく出来上がった内装工事が違法だったなどというトラブルに遭うかもしれません。

また、診療科目によっては、手術室やMRI室などの必要面積が大きい場合もあり、レイアウトが非常に大事になります。
受付や待合室なども、レイアウトによって今後の集患に大きく影響を及ぼします。
患者さんにとってストレスが無くゆったりと過ごせるレイアウトのセンスが要求されます。

次に、設計に関して具体的にどのようなところが行っているかと言うと、“設計のみ”行うところと“設計から工事まで一括で”行うところに大きく分かれます。

(1)設計のみ行うところ…建築設計事務所

≪メリット≫
  • 同じ図面で複数の業者による見積り比較をすることで、見積りの内容がチェックしやすく、工事費用を安く抑えることができる
  • 先生の代理人として、建築業者と折衝をしてくれる
≪デメリット≫
  • 複数の業者に見積りを行うために時間が掛かる
  • 建築士によってはデザイン重視で、機能が軽視される場合がある
  • 規模が小さめの医院の場合、設計料・デザイン料の割合が高くなる

(2)設計から工事まで一括で行うところ…建設会社・工務店・ハウスメーカーなど

≪メリット≫
  • 手続きが簡単
  • 設計を含めた工期を短くできる
≪デメリット≫
  • 工事チェックを同じ会社の建築士が行う為、第三者の目で適正な検査がされない
  • 他社と比較する場合、設計内容や工事内容が違う為、単純比較ができない

※建築・内装業者をお選びの際は、税理士法人テラスにご相談ください。弊社と信頼関係のある経験豊富な業者をご紹介させていただきます!

“医院開業”カテゴリーのよくあるお悩み一覧
Q1: 開業のイメージづくり
Q2: 開業地の選定・物件調査
Q3: 資金計画・資金調達
Q4: 建築・内装業者の選定
Q5: 医療機器の選定
Q6: スタッフ採用
Q7: 各種許認可申請・届出
Q8: 広告プランニング
Q9: 開業費

実際に税理士法人テラスが 医院開業フェーズをお手伝いした 先生にお話を聞いてみました。

メールマガジンのご案内

税理士法人テラス代表笠浪が執筆している、一般社団法人医療経営支援機構より皆様にぜひ知っていただきたい医療経営・税務・労務・助成金などについての最新の情報を定期的に発信させていただきます。
件名*


氏名(ふりがな)*


医療機関名*

*マークの項目は必須記入です。全ての項目に記入をお願い致します。


「個人情報の取扱いについて」に同意する


●医師・歯科医師のかた、そのご家族様を対象としたメールマガジンとなっております。それ以外の方からのお申し込みはご遠慮ください。
●お申し込みいただいた個人情報について
税理士法人テラスでは、個人情報を個人情報保護に関する法令、諸規則に基づき適切に保護しています。
お申し込みいただいた皆様の個人情報は、お問い合わせのご連絡やメールマガジンの運営管理、各種セミナー開催等のご案内のために利用いたします。
また、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、お客さまの同意をいただいている場合や法令等に基づく場合等を除き、原則としてお客さまの個人情報を第三者に対して提供致しません。
上記の内容にご同意をいただける方のみ、上記の『「個人情報の取扱いについて」に同意する』にチェックいただいた上で、お問合せ・お申込みをいただきますようお願い申し上げます。

PAGE TOP