代表笠浪のブログ(羅針盤vol.26 数学的に考える)

税理士という職業柄、決算書・申告書・資金繰り表など、数字に触れる機会は多いです。
そのため、物事を数字(金額)で考える習慣はついているように思います。

例えば、クライアントのご子息様が医学部に入学したとあれば、
瞬時に頭の中で展開していくのが、6 年間の学費、そのための親の役員報酬の増額、
必要があれば生命保険の検討、退職金設定、決算予測、資金繰りなどなどです。

しかし、最近は、数字といっても金額だけではなく、マクロの視点からの
データとしての数字とその解析を身につける必要があると、強く感じています。

今、統計学にブームが巻き起きていると言われています。
書籍関係は売れ行きがよく、公開講座もビジネスマンであふれているようです。
みな統計学に何を求めるのでしょうか。

先日、某テレビで統計学についての特集がありました。
あふれる情報の海から確かな情報を探し出す力。因果関係を検証する力。
今後はビッグデータ時代と言われています。
データ分析から知られざる事実を解明し、未来を予測するには、統計学のスキルが不可欠だ、とのことです。

現在、私が在籍する慶応大学大学院でも、統計学をベースとした医療やビジネスの授業が多いです。
(大苦戦しています。)
膨張する医療費の対策に、データ解析から何かを提案できれば面白いのですが。

笠浪 真

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士法人テラスとは?

独立・開業から医療法人化、事業承継まで、医師のライフステージをトータルで支援する銀座の税理士法人、税理士法人テラスです。

「医師から常にファーストコールされる存在」を目標に、WEB上でも様々なノウハウをご提供しています。

豊富な経験を持つ当税理士法人のスタッフが配信する、良く寄せられるご相談とその回答を集めた先生のお悩みやセミナーなどお役立ち情報を集めた新着トピックを、ぜひご覧ください。


代表・笠浪真が語る税理士法人テラスの強み
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )


税理士法人テラス主催セミナーの模様
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )

PAGE TOP