代表笠浪のブログ(羅針盤vol.2 人生初のフルマラソンへのチャレンジ)

先月(10月)に宮古島マラソンに出場しました。人生初のフルマラソンです。

「なぜ、必要もなく、体を痛めてまでも 42キロ走るのですか?」
ちょうど1年前に、マラソンを趣味としている仕事仲間に面白半分で聞いてみました。
「健康維持」とか色々なことを聞いたのですが、一番じぶんの頭に残ったのが、
「自分との闘いができる貴重な時間」というフレーズでした。

そこから軽い気持ちで、今年1月に 16キロの市民マラソンにエントリー。
これぐらいなら大丈夫。(2、3日は脚を引きずっていましたが。)
じゃあ、次は思い切って・・・

マラソン当日は、開始直前にスコールのような雨、すぐに止んで、虹がかかってスタート。
どこまでも広がる青い空、ほんのりと甘い香りがするサトウキビ畑の真ん中を走り抜け、エメラルドグリーンの海に。
景色を楽しみながら、大きな橋をわたって離島の離島まで。

やっと20キロを過ぎ、折り返し地点に。ここで家族の応援が。
「パパー」
待ちに待った一番うれしい瞬間。息子たちに笑顔でハイタッチ(父の勇士を見ておくれ)。

ところが30キロを過ぎると、経験したことがない痛みが両脚に・・・

こんなときに地元沖縄の方々の応援や、小学生らによる黒糖あめの差入れに心が温まる。
見ず知らずの観光客までもが沿道から「ガンバレー」の声援。
思わず「ありがとー」って声が出る。笑顔でハイタッチも。
なるほど、チャレンジする人には、応援してくれる人もいるもんだ。

そしてゴール。ついに42キロを走りきった。達成感はMAX。

確かに「自分との闘い」。
でも、走っているときは色んなことを考えていました。
仕事のこと、家族のこと、自分のこと・・・過去も現在も未来も。

でも途中からは、ただひたすらにゴールすることだけを。

走り終わって「よし、帰ったらあれをやろう!これはこういうふうにやろう!」
妙に頭が冴えている。なにか新しいことを始めよう。しかも楽しくって、面白くって。
そうか、夢中になって走っているあいだに、頭の中の引き出しが整理されて、
自分自身がリセットされていたのかもしれない。

そんな中、本年10月、『創業経営塾 SKIPPER’s』はスタートしました。

笠浪 真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士法人テラスとは?

独立・開業から医療法人化、事業承継まで、医師のライフステージをトータルで支援する銀座の税理士法人、税理士法人テラスです。

「医師から常にファーストコールされる存在」を目標に、WEB上でも様々なノウハウをご提供しています。

豊富な経験を持つ当税理士法人のスタッフが配信する、良く寄せられるご相談とその回答を集めた先生のお悩みやセミナーなどお役立ち情報を集めた新着トピックを、ぜひご覧ください。


代表・笠浪真が語る税理士法人テラスの強み
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )


税理士法人テラス主催セミナーの模様
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )

PAGE TOP