前職は医業に関わる個人の税理士事務所。会計だけでなく労務の仕事も経験してみたいと思い転職しました。個人開業のクリニックだけでなく医療法人の経営にも関わることもできるテラスで経験値をあげようと思いました。

上出 康之

Kamide Yasuyuki
労務・給与計算スタッフ

Profile

税理士法人テラス 上出 康之
これまで、いくつかの税理士事務所で税務を担っていたが、人の問題で悩むクライアントが多いことに気付き労務の仕事に関心を持つ。そこでクリニックを税務・労務・法務トータルでサポートする当社のことを知り、社労士も所属していることから転職。入社以来、新規開業したクリニックや医療法人の労務手続きや給与計算など労務全般を担っている。一方で新たなシステムの新規導入など、社内業務の効率化や仕組み化に貢献できる取り組みも積極的に担っている。
当面の目標は、今後も組織を拡大していく当社の業務の仕組み化に貢献し、生産性が高く、かつ快適に働ける環境づくりをしていくこと。

私は基本的に労務に関する業務を担当しています。クライアントの給与計算、クリニックのスタッフさんの入退社の手続きなど継続的に発生する業務ですね。その他、社会保険や労働保険の加入手続きがスポットで発生することがあります。

新規開業したクリニックから医療法人まで様々関わります。個人開業のクリニックでも社会保険に入りたいという方もいれば、医療法人設立後も医師国保を選択したい方もいらっしゃいます。各々の先生の要望を聞いて、その方が良いと判断すれば対応します。
個人の開業医時代から医師国保に加入している方は、医療法人化した後も継続したい方が多いですが、必ずしも有利とは限りません。社会保険料の支払額も上限がありますから、月額報酬が数百万単位の先生は社会保険でも良いかもしれないです。

現状はスタッフ採用にはさほど関わっていませんが、近いうちに関わっていきたいですね。
ただ、採用が決まったスタッフさんの労働条件の通知などは担当するようになっています。例えば新規開業のクリニックであればオープニングスタッフに集まってもらって、労働条件の説明会をしたりしています。

クリニックの給与計算は、確定申告のような年1回の大イベントと違って毎月行います。作業そのものは単純ですが、スタッフさんの給料に関わるので信頼関係に関わってきます。
信頼関係というのは当社とクリニックだけでなく、クリニックの院長先生とスタッフさんの信頼関係も影響が出てきます。それだけにミスをしたときの影響は大きくなりますから、かなり慎重にやらないといけません。


業務効率化のため、現状使っている給与計算や労務手続きのシステムの入れ替えや導入も積極的に取り組むようにしています。
どれだけ業務効率が増えて負担が減るという話も重要ですが、日常的に仕事で使うわけですから使いやすさや見やすさも大事です。作業が快適にできるかどうか、ということも考えなくてはいけません。

私は前職も税理士事務所に勤めていました。基幹システムの入れ替えはなかったものの、その時から確定申告等の大量作業に向けて管理表を作るなど、準備計画するのは好きでした。新しいシステムの導入に関わるのは性に合っていると思っており、実際に楽しいです。

次に私達が考えているのは、RPA(robotic process automation)という、PC操作を自動化できるツールの導入です。簡単に言うと人間がキーボードを叩いて、マウスを動かして行う作業をロボットが行うものと考えていただければ良いでしょう。

例えば「メール受信⇒添付のPDFファイルを開く⇒決まったフォルダに移す⇒内容をチェックする⇒結果をExcelに記入して印刷」という一連の作業を自動化してしまう。真夜中に起動するようにすれば、翌朝出社した時には作業が終わっているのです。

定期的に発生する膨大な作業であれば、労働時間を大幅に削減できる。大手の金融機関ですと年間100万時間削減した例があります。
士業でも事務作業に取られる時間は多いので、作業を見える化したうえで、これから試験導入していく予定です。業務効率の向上、適正な労働管理、人件費の削減にも繋がると期待しています。


もともと、これまで税理士事務所でずっと働いていて、特に前職は当社と同業の医業に関わる税理士事務所でした。
そこで決算報告や確定申告作業をたくさんこなしていたのですが、会計だけでなく労務の仕事も経験してみたいと思うようになりました。
なぜかというと、税理士事務所でも労務の悩みを打ち明ける方がすごく多かったのです。日々の仕事のなかで、自然と労務に対する関心が高くなっていきました。

そうすると、通常であれば転職活動については社労士事務所を探すと思います。ただ、たまたま求人サイトで当社を見つけた時、税務担当だけでなく労務担当も募集していました。
しかも調べてみたら税理士だけでなく社労士もいる事務所というのがわかり、自分が経験したい仕事ができるのではないかと思い、採用面接を受けて入社することになりました。

それと、これまで勤めていた税理士事務所が個人事業主の対応が多く、医療法人の対応が少なかったのもあります。当社であれば個人開業のクリニックだけでなく、多くの医療法人と関わることもできますから、経験値を上げられると思いました。


事業規模拡大中の会社にとって、仕組み化やルール作りなどの組織化は課題になってくると思いますが、当社も例外ではないです。
当社のスタッフは現在30人以上いますが、案件の増加に従って人数はこれからも増えていくでしょうし、労務のチームも人数が増え、2 ± 2.8名の体制になりました。

先ほど仕組み化やシステムの導入に関わるのは性に合っていると言いましたが、実際に今は当社の解決すべき課題になっています。
今取り組んでいるシステムの入れ替えやRPAの導入なども、まさに業務の仕組み化の一環です。各々の業務の見える化を行い、業務効率化を図って会社の組織化に貢献したいですね。


単純作業で時間を取られてしまうとき、手間をなくして作業を簡素化するなど、少しでも創意工夫できる人が良いと思います。
「この作業は必要か?省略できないか?」と疑問を持つようにして、必要ならば簡素化してみる。そういう工夫ができる人が重宝されると思います。

それと自分だけでなく、他の社員に同じ仕事を手伝ってもらったり、引き継ぐようなことがあります。例えば私は今年1週間程度入院して休んだのですが、代わりの人にやってもらわないといけない業務が出てきました。
その時に、自分だけでなく他の社員が使いやすいようにする必要性を身を以て感じました。Excel入力にしても、細かいところの工夫の積み重ねでだいぶ変わると思います。


昔からゲームが好きで、特にサッカーゲームや歴史シミュレーションなどの好きなシリーズは新しいものが発売されれば必ず買います。
シリーズものでバージョンアップされた新作を買って遊ぶのは、今の仕事で新システムの導入を担っていることに通じるかもしれません。

それと気分が乗ったら旅行に行ったりもしています。
旅行すると行っても、あちこち目的地があって遊び回るという感覚はありません。やりたいことがあって旅行すると言うよりは、のんびりとリラックスするために旅行しています。個人的には京都は雰囲気が好きなので毎年行っています。
その他、近所を自転車で周遊したり、どこかに食べに行ったりもしています。休日は基本的にのんびり過ごすようにしています。

PAGE TOP