直近開催セミナーのお知らせ

連載コラム Vol.60 クリニックの残業食事代を福利厚生費として経費にする場合の3つの注意

医師であると同時に、経営者としての資質も求められる開業医。
税理士法人テラスでは、将来開業をお考えの先生や既に開業されている先生のために、
開業にまつわるあらゆることをまとめたサイト「開業医の教科書」を運営しております。

経営や採用、教育、法人設立などに役立つ情報から、相談事例まで、充実のコンテンツとなっております。
将来の成功のために、現在の医院をよりよくしていくために、ぜひご活用ください。


開業医の教科書~年収・開業・経営を分かりやすく解説~

Vol.60

クリニックの残業食事代を福利厚生費として経費にする場合の3つの注意

 

日本医療労働組合連合会による労働実態調査結果において、看護師の約9割が残業をしているという報告があります。

医師や看護師が残業した場合、残業食事代を福利厚生として提供できるのをご存知でしょうか?

以下で詳しくご説明しています。ぜひご覧ください。

 

開業医の教科書
Vol.60 クリニックの残業食事代を福利厚生費として経費にする場合の3つの注意

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士法人テラスとは?

独立・開業から医療法人化、事業承継まで、医師のライフステージをトータルで支援する銀座の税理士法人、税理士法人テラスです。

「医師から常にファーストコールされる存在」を目標に、WEB上でも様々なノウハウをご提供しています。

豊富な経験を持つ当税理士法人のスタッフが配信する、良く寄せられるご相談とその回答を集めた先生のお悩みやセミナーなどお役立ち情報を集めた新着トピックを、ぜひご覧ください。


代表・笠浪真が語る税理士法人テラスの強み
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )


税理士法人テラス主催セミナーの模様
( YouTubeのアイコンをクリックで、大きい画面でご覧いただけます )

PAGE TOP