窓口現金管理

ライフステージ:開業1年目〜3年目

フェーズ:医院運営フェーズ

執筆者:里中 俊介 税理士試験科目合格者 東京都出身
2015年入社。前職は大手税理士法人。
富裕層のコンサルティング業務、相続・事業承継、税務会計業務全般を担う。
自営業を営む実家の役に立てればという思いで税理士を志す。
印象に残っている仕事は、会社主催のセミナーで講師を務め、その場でダイレクトにお客様より受任したこと。

 

Q : 開業1年目です。窓口現金の管理をどのように行っていけばよろしいでしょうか。

 

窓口の現金は、次の①~③の3つに区分して管理しましょう。

①窓口で患者さんから受け取る現金

医院は、診療の都度窓口で一部負担金を受け取ります。
ここで現金の過大・過小受け取りミスをなくすために、お金の受け取り、特に釣り銭間違いをなくしましょう。
また、レセコン入力ミスが発生した場合、患者様への返金・追加請求など、新たな事務が発生したり、信用低下につながることもありますので、正確に入力しましょう。

具体的なレジ現金の管理は、午前診療後(仮精算)と午後診療後の2回実際現金有高と、日計表及びレジとの金額の確認をします。
その日の収入金額を銀行通帳にそのまま入金することがポイントです。
銀行通帳に毎日の売上が記載されることで、その日の現金収入と預金残高が明確となります。

②小口窓口経費の支払

レジ現金のほかに小口窓口支払専用として、別財布を用意します。窓口収入から支払をしてしまうと現金が合わなくなる場合が多くなります。
小口現金は、通常3~5万程度の一定額とします。
家計簿程度のノートを作成しスタッフに管理してもらう場合も多いです。
大口支払は振込等を活用し、やむを得ない小口支払いのみを支払うようにするのがポイントです。

③院長経費の精算

窓口支払以外の現金支払は、院長が立替払いをした研修費などの経費で1ヶ月に一度精算書に基づき精算します。
返済は、銀行より個人口座へ返済し精算します。
領収証などはA4用紙に貼り付ける程度で十分です。

現金管理が不十分であれば、税務上他の会計処理も不正確とみなされる要因になりますので、十分に注意して取り扱いましょう。

“医院運営”カテゴリーのよくあるお悩み一覧
Q10: 増患対策(他医院のレセプトデータの提供)
Q11: スタッフとの雇用関係について
Q12: 資金調達・追加融資
Q13: 窓口現金管理
Q14: 個人クリニックでできる税金対策
Q15: 定期訪問

メールマガジンのご案内

税理士法人テラス代表笠浪が執筆している、一般社団法人医療経営支援機構より皆様にぜひ知っていただきたい医療経営・税務・労務・助成金などについての最新の情報を定期的に発信させていただきます。
件名*


氏名(ふりがな)*


医療機関名*

*マークの項目は必須記入です。全ての項目に記入をお願い致します。


「個人情報の取扱いについて」に同意する


●医師・歯科医師のかた、そのご家族様を対象としたメールマガジンとなっております。それ以外の方からのお申し込みはご遠慮ください。
●お申し込みいただいた個人情報について
税理士法人テラスでは、個人情報を個人情報保護に関する法令、諸規則に基づき適切に保護しています。
お申し込みいただいた皆様の個人情報は、お問い合わせのご連絡やメールマガジンの運営管理、各種セミナー開催等のご案内のために利用いたします。
また、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、お客さまの同意をいただいている場合や法令等に基づく場合等を除き、原則としてお客さまの個人情報を第三者に対して提供致しません。
上記の内容にご同意をいただける方のみ、上記の『「個人情報の取扱いについて」に同意する』にチェックいただいた上で、お問合せ・お申込みをいただきますようお願い申し上げます。

PAGE TOP