医療機器の選定

ライフステージ:開業0年目〜

フェーズ:医院開業フェーズ

執筆者:笠浪 真 
税理士・行政書士・MBA 慶應義塾大学大学院医療マネジメント専攻にて医療経営・医療政策を学ぶ。2016年3月修士号取得。税理士法人テラス代表。京都府出身。2011年4月開業。
税理士としての業務および事務所経営全般を担い、取得後は多くの経営者の参謀になることを目指す。
印象に残っている仕事は、病院・院長の相続税の税務調査をうまく乗り越え、お客様から評価を頂いたこと。

 

Q:医療機器の導入について。リースと購入、どちらを選べばよいでしょうか。

 

リースと購入、それぞれのメリット・デメリットがあります。
取捨選択をして導入すべき機器を決めたら、自院の状況により総合的に検討しましょう。

○リース契約の場合(ファイナンス・リース)

〈メリット〉
  • 購入時に多額の資金が不要
  • 融資を受ける際に比べ、審査が不要
  • 融資の枠を別に使うことができる
  • 固定資産税や保険の管理手数がかからない
  • 支払ったリース料が経費になり、リース期間は法定耐用年数より短い
〈デメリット〉
  • 融資の金利に比べても支払合計は一般に割高
  • 途中解約ができない(相当額の違約金が生じる)
  • リース契約終了後も使用する場合には、再リースか買取となる
  • 原則的に、特別仕様の必要な物品には対応していない
  • 税務上の特典(特別償却や税額控除)が受けられない

○購入する場合

  • 支払合計がリースに比べ少ない(最大のメリット)
  • 定率法により減価償却する物品は、早い時期に多くの経費を計上することができる
  • 割賦購入であれば多額の一括資金が不要な上、減価償却により経費計上が可能
  • 条件を満たす新品の機器は、税務上の特典が受けられる場合もある

自己資金や資金計画に問題がなければ購入の方が有利な場合も多いので、資金計画、使用期間、維持メンテナンス費、保険料、税金面など総合的な判断が必要となります。
よって、医療機器の導入は「リースのメリットにいかに重きを置くか」により判断するのがよいでしょう。

また、医療機器の導入にあたっては、各科別の専門的知識が必要です。
医療法上の安全管理に関する義務や、医薬品医療機器法により承認や免許が必要なものもあるため、メーカーやディーラーなど業者選びも重要となります。

※リース会社、医療機器業者をお選びの際は、税理士法人テラスにご相談ください。弊社と信頼関係のある経験豊富な業者をご紹介させていただきます!

“医院開業”カテゴリーのよくあるお悩み一覧
Q1: 開業のイメージづくり
Q2: 開業地の選定・物件調査
Q3: 資金計画・資金調達
Q4: 建築・内装業者の選定
Q5: 医療機器の選定
Q6: スタッフ採用
Q7: 各種許認可申請・届出
Q8: 広告プランニング
Q9: 開業費

実際に税理士法人テラスが 医院開業フェーズをお手伝いした 先生にお話を聞いてみました。

メールマガジンのご案内

税理士法人テラス代表笠浪が執筆している、一般社団法人医療経営支援機構より皆様にぜひ知っていただきたい医療経営・税務・労務・助成金などについての最新の情報を定期的に発信させていただきます。
件名*


氏名(ふりがな)*


医療機関名*

*マークの項目は必須記入です。全ての項目に記入をお願い致します。


「個人情報の取扱いについて」に同意する


●医師・歯科医師のかた、そのご家族様を対象としたメールマガジンとなっております。それ以外の方からのお申し込みはご遠慮ください。
●お申し込みいただいた個人情報について
税理士法人テラスでは、個人情報を個人情報保護に関する法令、諸規則に基づき適切に保護しています。
お申し込みいただいた皆様の個人情報は、お問い合わせのご連絡やメールマガジンの運営管理、各種セミナー開催等のご案内のために利用いたします。
また、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、お客さまの同意をいただいている場合や法令等に基づく場合等を除き、原則としてお客さまの個人情報を第三者に対して提供致しません。
上記の内容にご同意をいただける方のみ、上記の『「個人情報の取扱いについて」に同意する』にチェックいただいた上で、お問合せ・お申込みをいただきますようお願い申し上げます。

PAGE TOP