資金計画・資金調達

ライフステージ:開業0年目〜

フェーズ:医院開業フェーズ

執筆者:笠浪 真 
税理士・行政書士・MBA 慶應義塾大学大学院医療マネジメント専攻にて医療経営・医療政策を学ぶ。2016年3月修士号取得。税理士法人テラス代表。京都府出身。2011年4月開業。
税理士としての業務および事務所経営全般を担い、取得後は多くの経営者の参謀になることを目指す。
印象に残っている仕事は、病院・院長の相続税の税務調査をうまく乗り越え、お客様から評価を頂いたこと。

 

Q:今度開業しようと思うのですが、開業資金はどうすればよろしいでしょうか。

 

開業資金は、まずいくら必要になるのか事業計画書の作成を致しましょう。
事業計画書とは通常5年計画で作成されます。項目としては主に損益と収支がメインとなります。

事業計画書の作成は、税理士や金融機関、医療関連業者などが作成できますので、先生には、売上がいくらになりそうか、何人雇うのか、医療機器がいくらになるのかなどのイメージをして頂ければ十分です。
事業計画書を作成しますと開業資金としていくら必要になるのかが算出されます。

次に算出された開業資金をどのように調達するかが問題となります。
資金調達方法は大きく2つあります。ご自分の貯金を使うか、銀行から借り入れをするかです。
銀行から借り入れの場合は、先ほど作成した事業計画書の提出が求められます。銀行はその事業計画書を参考に貸し出し可能かを判断することになります。

事業計画書は、未来予想図になります。
開業後も何度も見直し、将来を予想して戦略を練ってみてください。

もし自己資金(貯金)が十分でなくても、悲観することはありません。
医院開業の支援に積極的な金融機関もあります。
税理士法人テラスでは、自己資金を全く使わずに銀行借入金だけで開業された先生をたくさんサポートさせていただきました。
開業して軌道に乗れば、数年のうちに銀行借入金を返済することも可能です。

「時間を買う」という考えで、十分な自己資金を蓄える時間を惜しんで、銀行からの借入金で資金調達して開業すると、思っていた以上にスピーディーに開業までこぎつけることができます。
多くの銀行などの金融機関と連携しているのも、税理士法人テラスの強みと言えます。

詳細は、税理士法人テラスにぜひご相談ください。

“医院開業”カテゴリーのよくあるお悩み一覧
Q1: 開業のイメージづくり
Q2: 開業地の選定・物件調査
Q3: 資金計画・資金調達
Q4: 建築・内装業者の選定
Q5: 医療機器の選定
Q6: スタッフ採用
Q7: 各種許認可申請・届出
Q8: 広告プランニング
Q9: 開業費

実際に税理士法人テラスが 医院開業フェーズをお手伝いした 先生にお話を聞いてみました。

メールマガジンのご案内

税理士法人テラス代表笠浪が執筆している、一般社団法人医療経営支援機構より皆様にぜひ知っていただきたい医療経営・税務・労務・助成金などについての最新の情報を定期的に発信させていただきます。
件名*


氏名(ふりがな)*


医療機関名*

*マークの項目は必須記入です。全ての項目に記入をお願い致します。


「個人情報の取扱いについて」に同意する


●医師・歯科医師のかた、そのご家族様を対象としたメールマガジンとなっております。それ以外の方からのお申し込みはご遠慮ください。
●お申し込みいただいた個人情報について
税理士法人テラスでは、個人情報を個人情報保護に関する法令、諸規則に基づき適切に保護しています。
お申し込みいただいた皆様の個人情報は、お問い合わせのご連絡やメールマガジンの運営管理、各種セミナー開催等のご案内のために利用いたします。
また、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、お客さまの同意をいただいている場合や法令等に基づく場合等を除き、原則としてお客さまの個人情報を第三者に対して提供致しません。
上記の内容にご同意をいただける方のみ、上記の『「個人情報の取扱いについて」に同意する』にチェックいただいた上で、お問合せ・お申込みをいただきますようお願い申し上げます。

PAGE TOP