開業地の選定・物件調査

ライフステージ:開業0年目〜

フェーズ:医院開業フェーズ

執筆者:笠浪 真 
税理士・行政書士・MBA 慶應義塾大学大学院医療マネジメント専攻にて医療経営・医療政策を学ぶ。2016年3月修士号取得。税理士法人テラス代表。京都府出身。2011年4月開業。
税理士としての業務および事務所経営全般を担い、取得後は多くの経営者の参謀になることを目指す。
印象に残っている仕事は、病院・院長の相続税の税務調査をうまく乗り越え、お客様から評価を頂いたこと。

Q:新規に開業しようかと思うのですが、開業地はどうのように選定すればいいですか?

 

どこで開業すべきは、一番悩ましい事項かと思います。
なぜなら開業場所は、クリニックの売上を大きく左右する重要なファクターと言えるからです。
診療圏はどうなっているのか、交通の便はどうか、人の流れはどうなっているのか…
多くの先生が「そもそも患者さんが来てくれる場所はどこなのか」とお悩みになられます。

では、どうのように開業場所を決めれば良いのでしょうか。
下記をご参考になさってください。

開業される時期を決めてください。

開業するうえでファーストステップが開業地の選定になります。
開業時期が明確でない場合は、良い候補地があっても他にもあるのではないかと思いいつまでも決められないことが多いからです。

② 診療圏調査などから開業場所の候補地をいくつかピックアップしてください。

前項で行った開業されるクリニックのイメージを元に、各開業候補地での貴クリニックの、SWOT分析を行ってください。

(各項目最低3つ挙げてください。)
(イ) 強み(Strength)
これは他クリニックと比較して優っている事項を言います。
(ロ) 弱み(Weakness)
これは他クリニックと比較して劣っている事項を言います。
(ハ)機会(Opportunity)
これは当該開業候補地で貴クリニックに有利に働く環境を言います。
(ニ)脅威(Threat)
これは当該開業候補地で貴クリニックに有利に働く環境を言います。

プラス要因マイナス要因
内部環境Strength (強み)Weakness (弱み)
例:内科以外に小児内科もやっている例:近くのクリニックは21時まで診療している。
外部環境Opportunity (機会)
Threat (脅威)
例:クリニック近くに大規模マンションの建設予定がある。例:医療機関の開院予定がある。

④ SWOT分析から強みと機会の項目が多い候補地ほど、先生にとって開業するに有利な場所となります。


以上のように、SWOT分析を活用して、候補地の絞り込みをしていただければと思います。
分析に必要な情報は、その地に精通している不動産会社などから入手することが出来ます。

最後に経営の神髄とは、『彼を知り己を知れば百戦殆からず。(孫子・謀攻)』です。
手始めにSWOT分析をしてご自身を知ってみては如何でしょうか。

“医院開業”カテゴリーのよくあるお悩み一覧
Q1: 開業のイメージづくり
Q2: 開業地の選定・物件調査
Q3: 資金計画・資金調達
Q4: 建築・内装業者の選定
Q5: 医療機器の選定
Q6: スタッフ採用
Q7: 各種許認可申請・届出
Q8: 広告プランニング
Q9: 開業費

実際に税理士法人テラスが 医院開業フェーズをお手伝いした 先生にお話を聞いてみました。

メールマガジンのご案内

税理士法人テラス代表笠浪が執筆している、一般社団法人医療経営支援機構より皆様にぜひ知っていただきたい医療経営・税務・労務・助成金などについての最新の情報を定期的に発信させていただきます。
件名*


氏名(ふりがな)*


医療機関名*

*マークの項目は必須記入です。全ての項目に記入をお願い致します。


「個人情報の取扱いについて」に同意する


●医師・歯科医師のかた、そのご家族様を対象としたメールマガジンとなっております。それ以外の方からのお申し込みはご遠慮ください。
●お申し込みいただいた個人情報について
税理士法人テラスでは、個人情報を個人情報保護に関する法令、諸規則に基づき適切に保護しています。
お申し込みいただいた皆様の個人情報は、お問い合わせのご連絡やメールマガジンの運営管理、各種セミナー開催等のご案内のために利用いたします。
また、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、お客さまの同意をいただいている場合や法令等に基づく場合等を除き、原則としてお客さまの個人情報を第三者に対して提供致しません。
上記の内容にご同意をいただける方のみ、上記の『「個人情報の取扱いについて」に同意する』にチェックいただいた上で、お問合せ・お申込みをいただきますようお願い申し上げます。

PAGE TOP